運動0~2歳

幼児の歩行能力を向上させよう 1歳児に斜面を歩かせる効果と注意点

まだ1歳そこそこの幼児に斜面を歩かせることは、歩行の成長だけでなく、バランス感覚などを磨くことできて、とてもいい運動になります。

わが子が歩くようになって2ヶ月くらい経ったころ、かなり歩くのも上手になって来たので、斜面を歩かせてみました。

斜面を歩くことはたくさんの効果があると実感しました。私が感じた効果と、注意すべきことをまとめました。

※この記事はちょっと一般的ではないかもしれません。自分の子供にほんの少しでも危険なことをさせたくないと考える方には、まったく合わない記事かもしれませんのでご注意ください。

斜面を歩かせるきっかけ

わが子に斜面を歩かせるきっかけは、1歳2ヶ月のわが子が斜面を恐れることなく、そこを歩きたいという意思を示したことでした。

そのころはまだ歩きも安定していなかったため、私と妻が両側からわが子の手を持って、転倒しないように歩かせていました。

しかしわが子は私たちが歩くのよりも速いスピードで、ずんずんと先に歩いて行くような感じでした。私たちの手が引っ張られてい状態です。そしてとても楽しそうでした。

そこですぐ近くでわが子をフォローしながらも、一人で歩かせてみました。坂は芝生であったため、転倒しても怪我をすることはなさそうでした。

斜面を歩かせる効果

斜面を下らせることも、登らせることも、幼児にとってはかなりの効果があると考えています。

斜面を下らせることと、登らせることに分けて、メリットを説明します。

斜面を下らせる効果

足場の悪い斜面を降りることで、転倒に対応するためにバランス感覚が磨かれる

適度に荒れた芝生ならば凹凸もあるので歩きにくいため、すぐにバランスを崩します。必死で転倒しないように対応することで、バランス感覚が磨かれます。

1歳2ヶ月から斜面を降りることをさせたことが功を奏したのか、わが子は2歳前にすごいバランス感覚を身に付けることができました。

ストライダーに乗り始めたばかりなのに、簡単に両足を上げてバランスを取りながら進むことができたのです。

こんなことができたのも、1歳そこそこから足場の悪い斜面を下らせるなどして、バランス感覚を身に付けさせるよう、育ててきた効果だと思っています。

運動神経の向上が見込まれる

脳が出した指令通りに体を動かす必要があります。

瞬間的にバランスを取るように体を動かすことで、反射神経も磨かれ、運動能力の向上が期待できます。

知能が発達する

坂下りは常に転倒する危険をはらんだ状態に身を置くため、必死で体を動かす必要があります。

必死で体を動かす行為は、運動能力の向上させるだけではありません。頭をフル回転させで対応するため、脳に刺激が入って活性化することで、知能が向上すると考えられます。

集中力が身につく

幼児は頭が大きく、重心が高いので転倒しやすいのです。そんな子供が足場の悪い斜面を走り下りると、気を抜いたらすぐに転倒します。

転倒は誰でもしたくありません。転倒しないように必死になります。必死になることで集中力も身に付きます。

斜面を登らせる効果

おしりやふくらはぎに筋肉が付く

斜面を登るのは、つま先立ちで登る必要があります。必然的にふくらはぎの筋肉が鍛えられます。

1歳そこそこの幼児は歩くのも基本的にはべた足です。あまりふくらはぎの筋肉を使う歩き方ができません。

小さなころからふくらはぎの筋肉を鍛えることで、早い段階でべた足で歩くことから脱却し、大人のような歩き方ができるようになっていくと考えています。

歩く時はおしりの筋肉も使います。

斜面の上り下りをさせていると、幼児でもかなり筋肉の付いたおしりになりますよ。

心肺機能が向上する

また斜面を登るのは息が切れるほどの大変な運動になります。斜面を登ることで心肺機能が鍛えられます。まだ幼児のころから心肺機能を鍛えることで、将来マラソンが得意な子になるかもしれません。

これに関しては、根拠があります。私は心肺機能がとても強かったです。(調子がいいときは30bpm台)

わが家は大変な山の中にあり、家に帰るにはすごい山道を登らなければなりませんでした。これを毎日繰り返していたため、心肺機能が強くなったと考えています。

幼いころから息が切れる運動をすることは、将来とても強い心肺機能を手に入れることができるかもしれません。

わが子の坂下り

わが子が1歳3ヶ月の坂下りの動画です。

わが子の坂道を駆け下りる動画を見て、転倒シーンにびっくりする方もいるかもしれませんね。

派手に転倒しているので危険だとか、絶対にわが子にはこんなことさせないと思う人があるのも当然です。自分の子度を転倒をさせないように、細心の注意を払う親御さんもたくさんいます。

賛否両論あると思いますが、私たち夫婦は少々危険なことでもなるべくさせて、たくましく育ってほしいと思っているので、わが子が少々の転倒をすることなど、あまり気にしていません。

わが子が1歳3ヶ月になったばかりの頃の話です。

私たち家族が坂道を降りている時に、1歳半くらいの子供を連れた夫婦が、同じ公園に来ていました。

私たち家族が登り降りした斜面を、その子供も下りようとしていました。するとすぐにその子供の親が、「危ない!」と言って降りるのを阻止していました。まだ1歳半くらいでは、その坂道を降りるのは危険だと判断したようです。

確かに小さな子供が斜面を歩いたら、転倒するかもしれません。

私たち夫婦も、最初から急斜面を一人で下らせたわけではなく、緩斜面を下らせたり、急斜面は手を取って転倒しないようにしながら歩かせました。親が注意して見守れば、危険度はかなり減らせると思います。

その子供も斜面を下りたいという気持ちがあったのですから、危険だと思うのなら親が手を繋いであげて、転倒しないように注意しながら親も一緒に斜面を下ってあげればいいのではないかと思いました。

幼児期の体験はとても重要です。

私が子供のころに住んでいた家は、山の中の一軒家。山の中腹にあり、どこに行くのも坂道です。そこで育てられたため、山の急斜面を下る能力は、大人になっても誰にも負けません。わが子もそんなたくましい子供になってほしい気持ちがありました。

わが子が平気で坂を走って下るのは、転倒を怖がらないように育ててきた結果だと思っています。歩き始める前から、頻繁に転倒して耐性が付いています。そのため斜面で転んで転がっても平気です。

そんな子なので、1歳2ヶ月で急斜面を一人で登り下りさせることができているのかもしれません。

斜面を下らせるときの注意点

最初は芝生の上で行う

芝生の上ならば転んでも怪我をする可能性は少ないので安心です。

斜面を下ることは、簡単ではありません。

少し歩くとスピードが付きますから、バランスを取れなくなって転倒することが多いのです。

芝生であれば、転倒しても怪我はまずしません。アスファルトやコンクリートの斜面だと、転倒した時には怪我をする可能性が高まるため注意が必要です。

わが家の玄関ポーチには、スロープがつけられています。わが子は歩き始めのころ、このスロープを早歩きで下り、転倒して額に傷を作ったことがあります。

手を突いて顔や頭を守ることはできるのですが、頭が重いので、斜面で転ぶと足が持ち上がって顔が地面にぶつかってしまうのです。

まだ足取りがおぼつかない幼児には、転倒しても安全な芝生の斜面を歩かせるようにしましょう。

足元を見ない子がいる

足元をあまり見ないで歩く子がいます。

わが子がそんな子供です。足場の悪い斜面でも同様です。階段でも足元を見ないで降りることがあります。このような子供は、転倒がすごく多いです。

転んでも怪我をしない斜面を下らせる必要があります。

すぐに走り出し、足元を見ない子供は、絶対に芝生の斜面を下らせるようにしましょう。

やらせ過ぎに気を付ける

坂道を登るのは疲れるのです。

特に歩きにくい靴を履いて、家では体験することのない坂道を登るのは大変です。よほど幼児が楽しんでくれないと、最初は登ることを拒否されてしまいます。

私たち夫婦がわが子に坂道を登らせることについて、失敗したことを紹介します。

その日は調子よく坂道を登ってくれていました。しかし斜面は歩きにくいので疲れていたようで、わが子もストレスを感じていたようです。

坂道を上っている最中に、妻が5mくらいからわが子を呼び、わが子はそれに向かって登っていきました。

しっかりした足取りで登っていたので、まだ余裕があると判断した妻は、あと少しでわが子が自分の元に到着する直前に、また5m上まで移動してわが子を呼びました。

わが子は突然ゴールが延びたことにかなり不満そうでしたが、それでもまた妻に向かって登りはじめました。

そして妻の元に到着する寸前に、またまた妻が上まで移動したのです。少しでもたくさん運動して欲しいと思ったためです。

しかしわが子は泣き始めました。どうやら登るのに体力もしくは気力が限界だったようです。

そのことでわが子には、坂道を登ることに対する嫌悪感が出てしまい、半月くらいは坂道を登ることをしてくれなくなってしまったのです。

わが子の体力は、私たち夫婦もよく把握しているつもりでした。その日はわが子の体力ならば、まだまだ坂を登れるはずと思っていました。しかし体力はまだ残っていたと思われますが、気力がもたなかった可能性があります。

坂道を登るのには後ろに転倒しないようにバランスを取ります。荒い芝生だったので斜面も凸凹がひどく、転ばないように神経を使っていたのでしょう。そのため神経が疲れてしまったのではないかと思います。

坂道を登ることは、効果的に筋力も鍛えられますし、バランス感覚も身に付きます。そして心肺機能も鍛えることができます。たくさん坂道を登らせることで能力アップができると思ったので、私たちも欲が出てしまいました。

その結果、わが子に無理をさせてしまったのです。

無理をさせて坂道を登ることを嫌いしてしまったら、何もいいことはありません。決して無理をさせることなく、少しずつ坂道登りをさせることをお勧めします。

まとめ

わが子には少しでも早くたくさんの経験をさせたいと考えています。早い時期に経験させたことは、運動に対する大元の能力の向上につながると考えているからです。

これは先ほども書いたとおり、両親ともに「危ないからさせない」という考えではなく、「危ないことを少しくらいさせても、たくましい子に育てたい」という考えを持っているからできることです。

もし私の妻が慎重で怖がりだったら、1歳ちょっとの子に坂道を走らせることなど絶対に許さなかったでしょう。

夫婦共に子供にはたくましくなってほしいと願っているので、育て方に意見の違いがないことは、私としてはとてもありがたいことです。

少々危険なこともチャレンジさせながら育てているので、これからどのような子になるのか、私たち夫婦はとても楽しみなのです。

しかしいくら芝生とはいえ、斜面を走らせれば転倒することもありますし、転倒すれば怪我をする可能性はあります。もし参考にされ方がいましたら、決して無理をさせないように配慮していただくようお願いいたします。

-運動0~2歳

Copyright© ゆうゆうき 子供のためにできること , 2021 All Rights Reserved.