購入品0~2歳

ベビーバスは絶対に買うべき  リッチェルふかふかベビーバス Wレビュー

新生児の沐浴にベビーバスは必要だと私は考え、購入して快適に子供を入浴させることができました。

ベビーバスは必要ないという意見も多くありますが、我が家ではそんなことはありませんでした。新生児育児は大変です。育児で行う大切なことのひとつに、赤ちゃんをお風呂に入れる(沐浴させる)ことがあります。

ベビーバスを使ったため、この沐浴をとても快適にできました。私たち夫婦はベビーバスの購入は大正解だったと思っています。

ベビーバスとは

赤ちゃんの沐浴専用お風呂のことを、ベビーバスと言います。ベビーバスは新生児が生まれた直後から、1カ月ほどの期間限定で使用する人が多いようです。

赤ちゃんのは母親の胎内にいる時、へそから栄養分を得ています。生まれた時にその管を切ってしまうため、へそはしばらくの間傷口がふさがらず、ジュクジュクしています。この状態で大人が入っているのと同じお風呂に入れると、菌が繁殖している場合、膿んだり感染症になったりする可能性があります。

これを避けるためにベビーバスなどを使うと医師より説明を受けました。

ベビーバスは必要か?

私はベビーバスは買った方が絶対にいいと思っています。購入して使用した限りでは、わが家ではベビーバスがない新生児時代の沐浴はあり得ないと思っているくらいです。

その理由は後で詳しく書いてあります。 値段も2,000円程度なので、高い物ではありませんから、ぜひ購入をお勧めします。

ただしどうしてもベビーバスの購入費用が無駄だと考える人のために、代用できるものについて考えてみました。

代用するなら何を使う?

生れてから1ヶ月間だけのために、わざわざベビーバスを購入しなくてもいいと考える人は、洗面所を使うことが多いです。洗面所の手洗い場が大きければ、ベビーバスの代用ができます。

欠点は以下です。

  • 硬いので赤ちゃんが暴れた時にぶつかると痛い
  • 2人で協力して沐浴させられない
  • 子供が暴れて水が飛び散ると、洗面所が濡れてしまう

新生児育児は大変です。少しでも負担を減らしたいものです。快適に安全に沐浴させることで、親の精神的な負担も減らすことができます。

代用案では負担が多いと考えますので、やはりベビーバスを購入するべきなのです。

ベビーバスがあると便利な理由を2つに絞って、もう少し詳しく説明します。

1)柔らかい素材の物は、赤ちゃんが体をぶつけても安心

ビニール製で空気を入れて使うタイプのベビーバスは、柔らかいので赤ちゃんをベビーバスに置くときも、突然赤ちゃんが体をよじって頭などをベビーバスにぶつけた時も、怪我をする心配がなく安心です。

使ってみればこのことはよくわかります。赤ちゃんは顔を洗うときなど、嫌がって大きく動くことがあります。首を後ろにそらせたときなどに、不意に頭をぶつけてしまっても、柔らかいので怪我の心配する必要のないことはありがたかったです。

2)妻と夫の二人で沐浴させることができる

ベビーバスを挟んで、二人で両側から子供を洗うことができました。会話をしながら楽しく沐浴させられます。

洗面所で沐浴させる場合は、二人で協力しながら行うことができません。夫が子供の沐浴は妻だけが行うものと思い込んでしまい、育児の協力性が失われてしまうかもしれません。

二人で協力しながら子供を沐浴させるには、ベビーバスは絶対に必要ですね。

我が家で選んだベビーバス

我が家ではリッチェル (Richell) ふかふかベビーバスW グリーンを選びました。ビニール製で、空気を入れて膨らませて使うものです。

このベビーバスは以下のようなメリットがあります。

  • 空気の入ったビニール製なので柔らかいので、子供が体をぶつけても怪我をする心配がありません。
  • 赤ちゃんの股の部分にポールが出ています。このため暴れても赤ちゃんの位置がずれて、水の中に沈んでしまう危険がなくなります。
  • 新生児を沐浴させる専用の物なので、大きさが絶妙です。とても使いやすいです。
  • 空気を抜けばとてもコンパクトになるので、収納場所を選びません。

リッチェル ふかふかベビーバス レビュー

サイズ

このベビーバスは空気を入れて使います。膨らませた時のサイズは 大きさは 68cm×47cm×H29cm になります。この大きさだと新生児を入浴させるのは本当に楽です。

このベビーバスに空気を入れるのは時間もかかるしかなり大変なので、使うごとに空気を入れるのは現実的ではありません。空気を入れっぱなしで使うことになります。その場合は、この大きさのものを収納できるスペースが必要です。

とはいえ 浴室のタオル掛けに掛けておけるサイズです。

赤ちゃんがズレない

このベビーバスを使うべき理由の一つが、赤ちゃんがずれて水の中に沈んでしまうことを完全に防止していることです。

洗面所などで代用すると、赤ちゃんが足の方にずれてきて、顔が水に浸かってしまうことがあります。

しかしこのふかふかベビーバスは、股の部分にポールが出ているので、赤ちゃんの縦位置がずれてしまうことがありません。 

手や頭を洗っている時、洗面台を使っている場合などは、赤ちゃんがずれて水の中に顔まで入ってしまうことがあるようです。しかしこのベビーバスを使うと、赤ちゃんの股がこの出っ張りで支えられ、それ以上水の中に入ってしまうことがありません。これは大変便利な機能です。赤ちゃんの沐浴させる負担を軽減させることができます。

ちなみにこの出っ張りは、空気の部屋が独立しています。つまりこの出っ張りに空気を入れないことで、出っ張らせないことができます。

安全に沐浴させられる

わが子は時々沐浴を嫌がり、いきなりのけぞることがありました。この場合、頭がベビーバスに強くぶつかります。しかしこの リッチェル (Richell) ふかふかベビーバスWは空気の入ったビニールなので、まったく痛くないですし怪我もしません。

手を激しく振ってベビーバスに当たったとしても、怪我をしません。この安心感を得るためにも、ベビーバスはあった方がいいでしょう。

洗った後は吊るすことができる

このふかふかベビーバスは、吊り下げるためのリングが付いています。 

フックに吊るすことができるため、使用後洗って乾かすのも簡単です。 

空気を入れる頻度

ゴムは目に見えない穴が無数に開いているため、放っておくと少しずつ空気が抜けていきます。自転車や車のタイヤに定期的に空気を入れなければならないのはそのためです。

しかしこのベビーバスはビニール製のため、ゴムよりも空気が抜けていきにくいです。薄いビニールですが、一度入れておくと普通に使う1ヶ月なら、追加で空気を入れることはありません。

背もたれ部分は絶妙の角度

背もたれ部分が絶妙の角度です。新生児を寝かして無理ない角度なので、安心してベビーバスに赤ちゃんを預けることができます。

首の座っていない赤ちゃんでも、少し気を使えば、首ががくんと垂れてしまうことがありません。ベビーバスを買わずに他の物で代用する場合は、背もたれの角度も適切でないため、赤ちゃんにも親御さんにも、負担を強いることになります。

重さ

ビニール製のベビーバスの利点は、軽いことですね。重量は実測で575gしかありません。移動もとても楽ですよ。

価格

この機種は2,000円程度で購入が可能です。

わずか1ヶ月のみの使用であっても、それほど高価なものではないので、利便性を考えたら購入をお勧めします。

1ヶ月を越えての使用

この機種を、我が家では5ヶ月間使い続けました。夫婦2人で洗うには、このベビーバスがとても楽だったのです。ただし1ヶ月を過ぎた赤ちゃんを、一人でこのベビーバスで沐浴させるのは大変です。湯に入れたままで体を石鹸で洗うことはできないため、下半身を洗うときは子供を持ち上げることになります。

一人では持ち上げて湯から出して洗うのが重くて厳しいのです。大きくなると暴れ方も激しくなりますしね。

しかしこのベビーバスがあると、二人で沐浴させることができますから、私が子供を少しだけ持ち上げて湯から出し、妻が洗うのです。このように二人で協力して沐浴させていましたので、わが家では生後5ヶ月まで問題なく使えました。

耐久性

5ヶ月毎日使用していたら、穴が開きました。それで使用を止めました。この穴も、劣化によるものではなく物を当てたことによる破損です。耐久性は文句なしだと思います。

まとめ

いかがでしたか。

ベビーバスは洗面所でも代用がききますから、購入しないという選択もあるでしょう。

でも2,000円くらいで赤ちゃんを安全に快適に沐浴させられるものですから、ぜひ使ってみて欲しいです。

ベビーカー選びに困っている方は、参考までにわが家で選んだベビーカーを紹介した記事がありますので、是非ご覧ください。

GRACOシティトレック(CitiTrek)レビュー わが家のベビーカー選び

続きを見る

 

-購入品0~2歳

Copyright© ゆうゆうき 子供のためにできること , 2021 All Rights Reserved.